2014年05月03日

槍ヶ岳(残雪期):ピークハント

140503_top.jpg

■天気
1日目:晴れのち吹雪
2日目:晴れ

■アクセス
電車:松本IC(中央道)〜新穂高温泉駐車場

■概要
雪山シーズン最後、集大成として槍ヶ岳にアタック。

道中の2日間、天気の急変、地震、山小屋スタッフのミスによる部屋の重複、穂先での軽装備者のサポート、道迷い、骨折とこれまでになく色々なことが起こり計画通りとはいきませんでしたが自力で全員無事下山できました。

一時的な天気の急変はあったものの幸い2日間通して天候には恵まれ、雲一つない快晴の中穂先から北アルプスを見渡すことができたことは何よりも良かった点です。

ただ、今回の山行では学んだ点、反省点もありました。
3000m付近での天気の急変。
残雪期の春登山はシャツ1枚で過ごせる時もあるものの急変するとそこは厳冬期そのもの。天気が怪しいと感じたら気温が一気に下がることを見越して早めに対応することが大事です。ホワイトアウトする前に方向を確認しておくことも大事。

穂先のアタック時にはダブルアックスが安心。
一部アイスクライミングかと思うような箇所があり今シーズンアイスを経験しておいて良かったと感じた。(このとき初めて天崎さんの存在価値を見出す。)

そして同行者の負傷。
アイゼンを着けたままでのシリセードは絶対にしてはいけない。私自身が率先してやってしまいましたが、固く凍った雪面では歯が引っ掛かると足首を捻じり怪我に繋がります。二度と同じ過ちは繰り返さないことを誓うとともに、セルフレスキューの知識の必要性を感じました。

経験して初めて気づくこともありますが、共有することで少しでも予備知識として今後の山行に活きればと思います。

とは言え、やっぱり山は楽しむもの。
自然と向き合いながら無理せず一歩ずつ。
雪山シーズンは終わるけど愉快なやまねこメンバーと過ごすアツい夏も楽しみだ。

■行程
<1日目>
6:30登山道入り口
7:20穂高平小屋
8:00 白出沢出合
9:00滝谷出合
10:30槍平小屋
13:00千丈分岐?(標識が雪で隠れて見えず)
14:15飛騨乗越
14:35槍ヶ岳山荘

<2日目>
4:40山荘出発
5:00山頂(しばらく記念撮影)
6:20山荘に戻る(下山時に軽装備の方が身動き取れずにいたためサポートに時間を要す)

※山荘でゆっくり朝ごはん

8:10山荘出発
8:20飛騨乗越
9:00千丈分岐?(標識は見えず)このあたりで一名足首負傷。
11:30槍平小屋
12:20滝谷出合
14:15白出沢出合(若干の道迷い)
15:15穂高平小屋
16:00登山口 ・ 約2週間前に更新

■地図


■詳細
140503_01.jpg
市営新穂高第3駐車場(無料)に5時に到着。車を停めて少し仮眠し6時に出発。

140503_02.jpg
まずはロープウェイの新穂高温泉駅の先に延びる林道をひたすら歩きます。

140503_03.jpg
標識

140503_04.jpg
白出沢出合手前の槍ヶ岳と奥穂高の分岐に到着。今回は槍なので真っ直ぐ進みます。

140503_05.jpg
白出沢出合からいよいよ山の中へ。

140503_06.jpg
樹林帯を歩く。

140503_07.jpg
樹林帯を抜けて、いぇーい!

140503_08.jpg
後から気づきましたが、ここ雪崩の跡だったんですね。トレースが分かりづらく地図を見て確認。

140503_09.jpg
槍平小屋到着!!小屋は6月からですがテントがいくつかありました。

140503_10.jpg
小屋を過ぎるといよいよ核心部。飛騨沢に沿って一気に高度を上げていきます。

140503_11.jpg
急登の前にちょい休憩。

140503_12.jpg
急登。

140503_13.jpg
急登・・・そして天気が怪しくなりだし・・・

140503_14.jpg
ホワイトアウトー!!
風が強くなり急激に気温が下がり雪面は凍りつく。(あとからですが早めにゴーグル、厚手のグローブをつけ、ストックからピッケルに変えておくべきであったと反省。完全な厳冬期装備が必要。)

140503_15.jpg
暴風、極寒の中、顔に叩き付けるあられに耐えながらなんとか小屋に到着。3000m級の山の荒天の怖さを身をもって体感しました。

140503_16.jpg
本気の安堵の様子。

140503_17.jpg
夕方の穂先。ホワイトアウトがウソのような快晴っぷり。ただ風は相当強かった。

140503_18.jpg
2日目。3時45分に起きるはずが男性陣誰一人起きず4時にK女子に起こされる。素晴らしい日の出前の穂先。

140503_19.jpg
穂先アタックに向け準備中。

140503_20.jpg
穂先アタック時はほとんど写真撮れませんでした。。。

140503_21.jpg
ハッハッハッ。見ろ、人がごみのようだ!!

140503_22.jpg
山頂からの景色1

140503_23.jpg
山頂からの景色2

140503_24.jpg
恒例の山頂での一枚。

140503_25.jpg
山頂で撮影会


140503_26.jpg
山頂からの下山1

140503_27.jpg
山頂からの下山2

140503_28.jpg
ピッケル

140503_29.jpg
下山前にも集合!!

140503_30.jpg
下山開始。

140503_31.jpg
前日は真っ白で何も見えなかった風景に感動する。

140503_32.jpg
放射冷却で?雪面が凍っていて前日までのトレースがカッチカチ。

140503_33.jpg
飛騨沢の下山1

140503_34.jpg
飛騨沢の下山2

140503_35.jpg
やってはいけなかったアイゼン着けたままのシリセード・・・

140503_36.jpg
ゆっくりと一歩ずつ。

140503_37.jpg
アイゼン引っかけました!!自業自得です。

140503_38.jpg
兄貴、ジャンダルムと対峙中。

140503_39.jpg
兄貴、華麗にグリセードで降下中。

140503_40.jpg
ジャンを見ながら。

140503_41.jpg
ここ、前日はこんな道じゃなかったんだよね・・・地震頻発で雪崩が結構起きてました。

140503_42.jpg
ちょっと道に迷ったけど無事白出沢出合に到着。あとはひたすら林道。

140503_43.jpg
下山は沢沿いを歩いて行きます。

140503_44.jpg
林道の途中、穂高平小屋付近で近道らしき道を発見したので歩いてみたけど足場悪く下山の最後にはイマイチ。夏山近道だったみたいです。
posted by やまねこ at 00:00| Comment(0) | 日記

2014年05月02日

丸山(秩父):山ガールハイキング

140502_top.jpg

■天気
晴れ

■アクセス
電車:芦ケ久保駅
車:道の駅 あしがくぼ

■概要
平日女子部企画第1弾!
奥武蔵 丸山に山クッキングをしに女子+女子に負けないくらい可愛い男子でワイワイ賑やかに行ってきました。
新緑の木々から降り注ぐキラキラ気持ちいい日差しのもと、思った以上に急登もしっかりありの登山
タコライスと道の駅で購入したきのこを使ったしっかりクッキング♪
下山後は川原で足のクールダウン&キュウリで乾杯( ^^)/\(^^ )
楽しく美味しい山行でした。

反省点としては、
もう少し登山計画を行く前に立てること
今回はみんなが助けてくれたので、本当に助かりました(*≧∀≦*)

■地図


■詳細
140502_01.jpg
新緑が気持ちいい

140502_02.jpg
奥武蔵の素朴な感じ

140502_03.jpg
山の生命力

140502_04.jpg
山頂ーー!

140502_05.jpg
クッキング♪

140502_06.jpg
☆タコライス☆

140502_07.jpg
美味しそうに出来た♡

140502_08.jpg
きのこはガーリックバターで

140502_09.jpg
武甲山

140502_10.jpg
桜が咲いていました

140502_11.jpg
私の実家がどこかに

140502_12.jpg
桜の道をスタスタ下山はとっても早い

140502_13.jpg
キラキラ

140502_14.jpg
新緑と山ガール

140502_15.jpg
熊ガール(・(ェ)・)

140502_16.jpg
クールダウン

140502_17.jpg
涼しげ~
BBQしたい!!!

140502_18.jpg
キュウリで乾杯
posted by やまねこ at 00:00| Comment(0) | 日記

2014年05月01日

蕎麦粒山〜三ツドッケ:縦走

140501_top.jpg

■天気
晴れ

■アクセス
電車:奥多摩駅〜川乗橋BS

■概要
奥多摩の奥!?蕎麦粒山-三ツドッケと縦走してきました。
破線ルートの鳥屋戸尾根は踏み跡明瞭で、コースマークも比較的多いので迷うことはなかったですが、奥多摩の奥でマイナールートのため人に会うことはあまりないと思います。本日は、最後に1パーティ(5人の避難小屋泊と思われる)のみでした。
【参考までにコースタイム】
7:45 東日原駐車場
 ↓(徒歩)
8:40 川乗橋BS
 ↓
11:25 蕎麦粒山
 ↓
12:20 一杯水避難小屋
 ↓
三ツドッケ 12:50
 ↓(ランチ1h)
14:00 一杯水避難小屋
 ↓
15:20 東日原駐車場
行動時間(休憩込み)7時間40分
累積上昇高度 1,354m
累積下降高度 1,179m
行動時間、累積上昇高度とも少しハ−ドな感じです。
よっぽど、奥多摩が好き!じゃないと行こうと思わないコースのような気がします。なので、そこまでお勧めしませんが奥多摩の人工樹林(杉とけやき)と天然樹林(ブナ)が混在する森と、奥多摩の山々や石尾根の展望を満喫できるコースでした。
明日5/2山クッキングがあるみたいですが、参加できないため本日一人ワンバーナークッキングをしちゃいました。
メニューは、「焼きチーズカレー」です。
日差しが強くて作っている時、暑かったけど、熱々の焼きカレーは格別でした!

■地図


■詳細
140501_01.jpg

140501_02.jpg

140501_03.jpg

140501_04.jpg
posted by やまねこ at 00:00| Comment(0) | 日記