2014年03月16日

谷川岳(厳冬期):ピークハント

140316_top.JPG

■天気
晴れ

■アクセス
車:水上IC(関越道)〜天神平ロープウェイ駐車場

■概要
雪山初心者の方も連れて…ということで、ロープウェイで標高を稼げて、比較的安全な谷川岳の天神尾根を歩いて来た。天気は抜群によく、むしろ3月とは思えないほど暑い気温で雪崩の心配なども少ししながらの登山だった。風もなく終止、楽しく冬山登山を楽しめて、最高の景色が堪能でき、初心者の方にもたっぷりと冬山の魅力が伝えられたのではと思う1日だった!

■地図


■詳細
th_140316_01.jpg
いつもの、ロープウェイ駐車場から出発

th_140316_02.jpg
始発ロープウェイに乗って、スキー場へまずは目指します

th_140316_03.jpg
気温や積雪はこんな感じ

th_140316_04.jpg
天気も良く、意外と他の登山者もたくさんいた!

th_140316_05.jpg
ワクワクしているみんなの顔

th_140316_06.jpg
スキー場に到着して、ここから登山開始

th_140316_07.jpg
こんな青空をみたら、誰でもテンションあがっちゃう!

th_140316_08.jpg
こんなに谷川岳がバッチリ見えるのはめずらしいかも

th_140316_09.jpg
思わず、みんなで記念撮影

th_140316_10.jpg
ポカポカ陽気で春登山のような感じ

th_140316_11.jpg
冬道だと、1カ所だけ急な下りを歩くので、その前でアイゼン装着

th_140316_12.jpg
それがココ。

th_140316_13.jpg
あとはひたすら、広い稜線を歩いて山頂をめざしますー

th_140316_14.jpg
振り返っても、雲一つない青空

th_140316_15.jpg
地球じゃないみたいな空の色

th_140316_16.jpg
早く山頂に到着してももったいないので、みんなでゆっくりペース

th_140316_17.jpg
万太郎尾根を見下ろせば、もう山頂はすぐそこ

th_140316_18.jpg
あと10歩!

th_140316_19.jpg
3月の山頂は、やっぱりなかかな埋まってるw

th_140316_20.jpg
ピークハントでは久々の晴天!

th_140316_21.jpg
オキの耳までの稜線も綺麗に見通せる…美しい

th_140316_22.jpg
エビのしっぽ

th_140316_23.jpg
最近、やまねこ倶楽部に入会してくれた「マロ」…こんな格好よく写真とれてるw

th_140316_24.jpg
気持ちよい稜線歩きで、次はオキの耳をめざすー

th_140316_25.jpg
オキの耳にも登頂して記念撮影!

th_140316_26.jpg
こんくらいテンションあがっておかしくなる気持ちいい天気w

th_140316_27.jpg
後ろ髪を引かれながら、再びトマの耳に戻って昼食へ

th_140316_28.jpg
肩の小屋付近へ移動中

th_140316_29.jpg
ほぼ風のない快適なランチ

th_140316_30.jpg
山で食べるラーメンは美味しいけれども、天気の良い日はなおさら美味しい!

th_140316_31.jpg
十分に堪能して、いざ下山

th_140316_32.jpg
午後もまだまだ天気がよいです

th_140316_33.jpg
下山と言えば…シリセード!

th_140316_34.jpg
はしゃぐくらい楽しいw

th_140316_35.jpg
みんな、綺麗に滑れてます

th_140316_36.jpg
うん…滑れてる…?

th_140316_37.jpg
だいぶ下がって来て、樹林帯歩き

th_140316_38.jpg
まだ天気が持ってくれて、快適に雪面歩きを楽しめました

th_140316_39.jpg
稜線に伸びる綺麗なトレースがまたいいなー

th_140316_40.jpg
あっという間にスキー場まで戻ってきて、最後の斜面はもちろん…

th_140316_41.jpg
シリセード!というか、持参してるソリで滑ってるw

th_140316_42.jpg
結構なスピードで落ちてってます

th_140316_43.jpg
一応、ピッケルを使った滑落停止訓練なども、道中しながら無事下山

th_140316_44.jpg
いつもどーりの高揚しすぎた写真、その1

th_140316_45.jpg
その2

th_140316_46.jpg
ひとりドヤった顔ですが、今回も終了〜

th_140316_47.jpg
満足げなこの表情で、どれだけ楽しかったかお分かりになって頂けるかとw
posted by やまねこ at 00:00| Comment(0) | 日記