2014年01月13日

浅間山(厳冬期):ピークハント

140113_top.JPG

■天気
晴れ

■アクセス
車:浅間山荘(天狗温泉)駐車場

■概要
古くから信仰のある山「浅間山」へ行って来た!メンバーの1人が…この山で登山に目覚めた…とのことで、ぜひともこの時期に改めて登ってもらいたくチョイスしたけれども、そんな理由はおいといて素晴らしい体験が出来た山行だった。終止、晴天に恵まれつつも独立峰に相応しい風の洗礼を受け、チームで山頂に立てた気持ち良さは、もう山が止められなくなる(笑)

■地図

大きな地図で見る

■詳細
th_140113_01.jpg
夜発で、浅間山荘(天狗温泉)の駐車場をめざす

th_140113_02.jpg
雪もそれほど積もってなく、駐車場も空いてました

th_140113_03.jpg
山荘横にある鳥居をくぐって、いざ出発!

th_140113_04.jpg
硫黄が香る川をいくつか越えて林道を進む

th_140113_05.jpg
30分ほど歩くと一つ目の鳥居

th_140113_07.jpg
ここから、二の鳥居へ向かうのに「普通ルート」「不動滝をみるルート」の2つに別れます

th_140113_08.jpg
もちろん選んだのは「不動滝を見るルート」で、登れるくらいには凍っておりました

th_140113_06.jpg
緩やかな登山道を楽しく歩くw

th_140113_09.jpg
距離にすると意外と長い樹林帯歩き

th_140113_10.jpg
急登が現れたら、雪田にさしかかります

th_140113_11.jpg
景色も開けて爽快な天気!

th_140113_12.jpg
一部、ツボ足になる箇所がありましたが、我慢すればワカンやスノーシューなくても行けました

th_140113_13.jpg
ココまで来ると、いよいよ浅間山も見えてきます

th_140113_14.jpg
硫黄の匂いがしたら、火山館はもう近い!

th_140113_15.jpg
荒涼とした風の強い場所

th_140113_16.jpg
かけあがれば、もう火山館

th_140113_17.jpg
アイゼンは脱いで靴の雪を払ってから入りましょう

th_140113_18.jpg
中は非常に暖かく、ここで大休憩

th_140113_19.jpg
長居すると山頂へ行きたくなくなるので、15分ほどでアイゼンはいていざ出発!

th_140113_20.jpg
しばらく、また樹林帯を歩きます

th_140113_21.jpg
浅間山が目の前に!

th_140113_23.jpg
テンション上がって、記念撮影

th_140113_22.jpg
振り返っても素晴らしい天気

th_140113_24.jpg
遮るものがない登山道を、あとはずっと登ります

th_140113_25.jpg
風が吹けば粉雪が舞って、美しいけども厳しい冬山を感じれます

th_140113_26.jpg
火山館から1時間半ほど歩いて、お鉢まで到着

th_140113_27.jpg
火山規制のため山頂へは向かわず「前掛山」へ!

th_140113_28.jpg
最後の休憩場所である、避難ドームでプチ休憩

th_140113_29.jpg
お鉢まで来ると突風が吹き、美しいシュカブラで癒される

th_140113_30.jpg
山頂まで伸びる、綺麗な稜線と雪庇

th_140113_31.jpg
山頂まであとちょっと!

th_140113_32.jpg
到着と共にすぐ記念撮影!風が強い〜。

th_140113_33.jpg
そそくさと下山です…

th_140113_34.jpg
目の前には浅間山

th_140113_35.jpg
稜線は風が強いです

th_140113_36.jpg
火山規制の看板を過ぎれば、だいぶ風も弱まります

th_140113_37.jpg
樹林帯までくればもう安心。アイゼンを外します。

th_140113_38.jpg
アイゼンを外して、さくさくと楽しく歩いております

th_140113_39.jpg
火山館の神社…凛とした気持ちになれます

th_140113_40.jpg
外でもろもろの装備を整理して、再び下山開始

th_140113_41.jpg
下山になっても楽しく雪山を堪能

th_140113_42.jpg
いつもーどーりの写真、頂きましたw

th_140113_43.jpg
風がないと、かなり暖かい日

th_140113_44.jpg
終止、天気のよい1日です

th_140113_45.jpg
火山館から…2時間?くらいで、駐車場まで到着。あとは温泉入って帰宅!

th_140113_46.jpg
帰りは、名物の「おぎのやの釜飯」で満腹、ごちそうさまでした。
posted by やまねこ at 00:00| Comment(0) | 日記

2014年01月11日

湯川渓谷:アイスクライミング

140111_TOP.jpg

■天気
晴れ

■アクセス
車:灯明の湯(駐車場)から5分

■概要
今シーズン初でアイスクライミングへ行って来た!Facebookで知り合って、ずいぶんと経ってしまったお知り合いの方と、念願のアイスクライミング。もうワクワクしかありませんw実際にご一緒したら、ワクワクを通り越して、ビックリするくらい楽しい時間を過ごせ「山での出会い」を改めて幸せに実感できた、すばらしい1日でした。

■地図

大きな地図で見る

■詳細
th_140111_01.jpg
長野県にある「灯明の湯」で待ち合わせ

th_140111_02.jpg
夜明け前の気温はマイナス16度

th_140111_03.jpg
待ち合わせ場所から車を10分ほど走らせて、駐車スペースに到着

th_140111_04.jpg
そこから、アイスクライミングの出来る滝まで歩きます

th_140111_07.jpg
5分も歩けば、立派な滝が姿をあらわしました!

th_140111_06.jpg
早速、トップロープを張りに上まであがります

th_140111_05.jpg
一応、それっぽく安全に支点は出来ました(汗)

th_140111_08.jpg
いざ、ここを登ってみます!

th_140111_09.jpg
色々とビレイの準備中w

th_140111_10.jpg
色々とハチの字結びの準備中www

th_140111_11.jpg
テンションだけは最高潮!

th_140111_12.jpg
トップロープなので安全で、かつ無茶もしつつ楽しく登ってます

th_140111_13.jpg
アックスが、サクサクと氷に刺さると…それはもう気持ちよいです

th_140111_14.jpg
寒いですが、意外と暖かく登れていました

th_140111_15.jpg
時間が経てば人も多くなってきました

th_140111_16.jpg
陽があたるとあったかい!

th_140111_17.jpg
おのおののグループ、いろんなグレードの滝でワイワイ楽しめるのがアイスクライミングの醍醐味です

th_140111_18.jpg
氷の滝を前にして…なにか悩み中w

th_140111_19.jpg
あったかいカップラーメンを食べたり…

th_140111_20.jpg
ウィンナーを焼いてみたり、食事も楽しく過ごせます!

th_140111_21.jpg
食事の後は、もうだいぶ氷も不安定になってきてるので、よさげなルートを楽しみます

th_140111_22.jpg
上からみるとこんな感じw

th_140111_23.jpg
腕もだいぶパンプしながらも、攻める!

th_140111_24.jpg
が!…氷にアックスをお土産をして、助けられている図

th_140111_25.jpg
最後はいつもどーり、皆さんで写真を撮らせてもらいました!

th_140111_26.jpg
いっぱい遊んでもすぐに車へ戻れるのが素晴らしい

th_140111_27.jpg
帰りは温泉で体を十分に暖めて解散しましたー。
posted by やまねこ at 00:00| Comment(0) | 日記

2014年01月05日

陣馬山:ピークハント

140105_TOP.JPG

■天気
晴れ

■アクセス
電車:藤野駅(JR中央本線)

■所用時間
全行程:約5時間

■概要
2014年、初の登山は午年だけに「陣馬山」へ行って来た。さすがに同じ事を考えている登山者も多く、山頂では餅をついたり、宴会をしたりと、いつも以上に活気づいた賑わいをしていました。肝心の登山道は、雪もなくアイゼンを必要とする場所もなかったので、この時期に登山を楽しみたい方には非常にオススメな山でした!

■地図

大きな地図で見る

■詳細
th_140105_01.jpg
自宅から近い「国立駅」から出発

th_140105_02.jpg
比較的、朝遅い時間からでも山登りが出来るので元気に行動できますw

th_140105_03.jpg
JR高尾駅にある天狗

th_140105_04.jpg
天狗パン…なる食べ物を買ってみました

th_140105_05.jpg
中央本線はローカルな色した電車です

th_140105_06.jpg
先ほど買った「天狗パン」。甘くないアンと、しゃりしゃり?した食感が美味しかった!

th_140105_07.jpg
高尾駅から30分程で藤野駅へ到着

th_140105_08.jpg
駅からはラブレターが!?

th_140105_09.jpg
我が「やまねこ倶楽部」のカード発見w

th_140105_10.jpg
駅から出て、線路沿いを東へ進みます

th_140105_11.jpg
踏切を渡り、トンネルへ

th_140105_12.jpg
絶対に迷わない標識がいくつもあるので、安心です

th_140105_13.jpg
今回は一の尾根から登ります

th_140105_14.jpg
アスファルトの道を少々歩けば、登山口へ到着

th_140105_15.jpg
ここから1時間半ほど、稜線を歩きます

th_140105_16.jpg
途中にはいくつものベンチ

th_140105_17.jpg
木々から冬でも暖かい日差しが心地よい

th_140105_18.jpg
こんな明るい稜線を暫く歩けば…

th_140105_19.jpg
もうちょっとで山頂

th_140105_20.jpg
山頂付近はさすがに寒いので、霜柱が綺麗に立ってます

th_140105_21.jpg
防火水の氷を破壊する人

th_140105_22.jpg
山頂が見えて来た!

th_140105_23.jpg
樹林帯を抜けたらもう後は階段を登るだけ

th_140105_24.jpg
小屋のわきを通り過ぎて…

th_140105_25.jpg
陣馬山のシンボルの「午(馬)」が登場

th_140105_26.jpg
寒いけど、ぽかぽかな日差しの中でランチ

th_140105_27.jpg
空気が澄んでいて、遠くまで見渡せます

th_140105_28.jpg
記念撮影

th_140105_29.jpg
ここから下山開始

th_140105_30.jpg
霜柱が溶けて、かなり抜かるんで滑ります

th_140105_31.jpg
分岐の小屋へ到着

th_140105_32.jpg
ここから相模湖方面へ下ります

th_140105_33.jpg
南斜面なので明るい登山道で安心

th_140105_34.jpg
途中には看板もあるので、迷う事はありません

th_140105_35.jpg
ひたすらゆっくりな坂を下山

th_140105_36.jpg
すでに廃業した小屋に到着

th_140105_37.jpg
さらに相模湖方面へ向かい…

th_140105_38.jpg
相模湖が見えた!

th_140105_39.jpg
神社がみえてきた

th_140105_40.jpg
ここまでくればもう下山終了

th_140105_41.jpg
が!長い階段を下りますw

th_140105_42.jpg
中央道をまたぐ橋を超えてあとは駅まで行って終了です
posted by やまねこ at 00:00| Comment(0) | 日記