2012年12月29日

赤岳(八ヶ岳):厳冬期ピークハント

121229_top.jpg

■天気
晴れ

■メンバー
3名:うっち/ミルキー/えりちん/カメラマン(ねこあし団)

■アクセス
車:小淵沢(中央道)

■行程時間
約10時間

■概要
今年最後をしめくくるべく、バリエーション豊な山「赤岳」へ行ってきました。前日まで天気が不安定だったので、日程含め調整をしていたのですが、運良く好天となり最高の天気で登ることができました。今回は、冬登山2回目のメンバーと一緒にいったので素晴らしい赤岳を体験してもらえたのではと思います。全体的に去年よりも雪は多めな印象でしたが、それでも12月の赤岳はまだミックスな上部でした。少し長時間の行程となってしまいましたが、本当に天気に恵まれて最後には素晴らしい登山ができました!

■地図

大きな地図で見る

■詳細

01.jpg
北沢と南沢の分岐点です。今回も南沢でゴー。


02.jpg
南沢は昨晩の降雪でトレースがありませんでした。とりあえずそれっぽい感じで進むと…


03.jpg
道迷い中w


04.jpg
なんとか道は復帰して、いつも通りの沢を歩きます。


05.jpg
ついに八ヶ岳(横岳)がみえてきました!


06.jpg
行者小屋到着。道に迷ったりラッセルしたりで、だいたい3時間で到着。


07.jpg
今回はメンバーをコンテで山頂まで案内します!


08.jpg
文三郎尾根の急登。太陽でるとこの時期でも暑いです。


09.jpg
振り向けばアルプスが一望。ほんと天気が素晴らしい!


10.jpg
文三郎尾根の上部にあるトラバースは、雪がしっかりしてて歩きやすかったです。


11.jpg
トラバース中。凍るといっきに難易度が高くなるので注意!


12.jpg
稜線まででました〜。行者小屋からここまで1時間くらいかな。


13.jpg
ここからコンテです。


14.jpg
めざすは赤岳!


18.jpg
コンテ中。

19.jpg
急な斜面ではピッケルをさして登ると意外と登りやすいのです。


20.jpg
所々、手を使わないと登れない場所も出てきます。


21.jpg
富士山が一望!


22.jpg
はしごが出て来たらもう山頂目の前。


23.jpg
赤岳山頂!最高の天気で登ることができました。行者小屋からだいたい2時間弱ほどです。


24.jpg
ひとしきり感動を噛み締めて下山。


25.jpg
山頂からの稜線も、気をつけないと危ない場所がありますが、足下を気をつけてれば大丈夫。


26.jpg
地蔵尾根から行者小屋へおります。


27.jpg
お地蔵さんの顔が氷ついてる!?のでとってあげましょうw


28.jpg
地蔵尾根、下山開始。降り出しはちょっと急斜面です。雪がつくとナイフリッジ気味になるので注意。


29.jpg
きりたった場所をぬけたらあとは樹林帯。シリセードでいっきにおります。


30.jpg
行者小屋まで下山。山頂からあっという間の1時間ほどでおりて来れます。


31.jpg
あとはダラダラと雪と戯れながら駐車場までw


32.jpg
分岐点に到着!おつかれさまでした〜。
posted by やまねこ at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年12月24日

三つ峠(四十八滝沢?):アイスクライミング

top_121224.jpg

■天気
晴れ

■メンバー
2名:うっち/うっち2

■アクセス
車:都留IC(中央道)

■行程時間
約9時間

■概要
今シーズン初のアイスクライミングへ行ってきました!身近で手頃な沢ということで三つ峠へ続く四十八滝を目指したのですが、途中で道を間違えて八十八大師滝と呼ばれる沢を遡行してました。。。
結果的に無事、三つ峠山頂にはたどりつけましたが下山時に四十八滝沢で遊びすぎたせいか久々のヘッドランプを使って下山となりました。
ただ四十八滝沢の上部は既に発達していて身体慣らしには十分楽しめました!
来年もまたこよっと。

■地図

大きな地図で見る

■詳細

001.jpg
▼08:00 駐車場(御座石)
三つ峠へ入る北口登山道の駐車場です。これから登る沢がばっちり見えてます!


002.jpg
▼08:40 大幡川手前
とりあえずこれからの道順確認


003.jpg
▼09:00 三つ峠北口登山道
林道を20分ほど歩きここから登山道


004.jpg
▼09:30 登山道左手にかかる堤防
登山道をしばらく歩くと、堤防発見!ここから沢へ入るのだが…失敗の始まり


005.jpg
▼09:45 四十八滝沢…と信じている沢
ほとんど水のない沢登り


006.jpg
周りはこんなに凍ってます!


007.jpg
▼11:30 四十八滝沢…と信じている沢の上部
いくら沢を詰めても氷の滝は現れず…「まだ季節がら凍らないかもねー」と雑談


008.jpg
▼12:00 稜線への詰め
沢をはなれ稜線へあがる


009.jpg
途中、熊の爪跡などあり、まじこわい!


010.jpg
▼12:15 三つ峠山へ続く稜線
見晴らしのよい稜線へやっと到着


011.jpg
ここで小休止。あとは三つ峠山頂まで少し


012.jpg
▼13:15 三つ峠山付近の電波塔
山頂付近は冬山〜


013.jpg
▼13:45 三つ峠山 山頂
無事、山頂!


014.jpg
四季楽園が眼下に見えます


015.jpg
▼14:20
御巣鷹山へ向けて下山開始


016.jpg
下山途中にある不思議なポスト


017.jpg
アイラブ三つ峠!


018.jpg
▼14:50
ん?なぜここに氷の滝が???そう行きのルートは完全に道を間違えて、隣の沢を登攀してました(泣


019.jpg
「ここまで来て登らないわけないでしょ!」ってことで準備開始…さらに悪夢の始まり


020.jpg
立派に発達しています!テンションアップ〜


021.jpg
手頃だけどなかなかの滝


022.jpg
気持ちよく登れますね〜


023.jpg
サクっとささる感じを体験したら、もうやめられないですw


024.jpg
懸垂下降の支点はV字スレッド。氷に穴あけるだけでも非常に耐久度があるのです


025.jpg
▼16:00
んで、下降。今日はこれにて終了

026.jpg
武器


027.jpg
▼17:50 三つ峠北口登山道
まっくらです…はい。遊びすぎて帰りは久々にヘッドランプで下山です。はしゃぎすぎもよくないと痛感


028.jpg
▼18:30 駐車場着
無事に下山!今回は山でやっちゃいけないことをたくさんして、体力よりも心労が半端なかったです…反省
posted by やまねこ at 00:00| Comment(0) | 日記